埼玉県さいたま市の建築設計事務所・神田建築設計事務所

神田建築設計事務所からのメッセージ

代表より

2005年に発覚した耐震強度偽装事件より、建物への安全性と建築士への信頼は大きく失われてしまいました。 それと同時に、建築設計の基準が見直され、その基準がまもられているかどうかを厳しく問われるようになりました。


この事件は、建築業界はもちろん、社会に多くの混乱をもたらすものでした。構造設計という耳慣れない言葉がエンド ユーザーに認知されるようになり「もっと知りたい」というお客さまの純粋な気持ちに応えられるよう、あらためて自分 たちの「設計」という仕事を見つめなおすいい機会でした。
さらに、建築士の資質・能力の向上のための定期講習を義務づけたり、構造設計一級建築士制度が施行されるなど国から のバックアップもあり、まさに今、建築業界は生まれ変わりを図っています。


今も昔も、1つ1つの建物と向きあうこと、そして建てることの責任を果たすことはずっと変わりません。
建築業界では希少ともいえる構造設計と意匠設計の両方を手がける建築事務所として、緊張感を持って日々の業務に取り 組んでいこうと考えています。

私たちは、組織です

建築設計事務所は個人事業主として立ち上げ、設計士が1人で業務をこなす形態 がほとんどですが、神田建築設計事務所は株式会社=会社組織です。 だから、構造設計と意匠設計の同時進行=スピードアップが可能であったり、何 より互いの仕事を確認しあったり、切磋琢磨して個々を伸ばしていくことができ るのです。

業務内容

構造設計

建物が成り立つためのデザイン

建物がそれで建っていられるのか、という点に主体を置き、柱や梁の大きさや床の厚さ等を決定します。



意匠設計

機能を確立するためのデザイン

物の主旨やデザイン、利便性などに主体を置き、建物の形状の骨格を決定します。



耐震診断

建物を生かす診断

大きな震災を経て、建築の基準は大きく変わりました。構造設計の視点で、古い建物の弱点を診断 します。